ベトナムの基礎情報 株式市場A

ベトナムの基礎情報、株式市場のAです。

今回は、3つの投資方法(タイミング)についてです。

まず、投資方法の1つめは、上場株を買うことです。

ホーチミン証券取引所と、ハノイ証券取引所で上場されている株を
購入そます。

基本的に現地の証券会社に口座さえ開けば、外国人でも自由に
買うことができます。

が、銀行などの特定業種は30%まで、そのほかの国内企業は
49%までという外国人投資家の持ち枠規制があり、規制枠内
一杯まで達している企業は、誰か外国人が売ってくれるまでは
外国人は買うことができなくなってます。

投資方法の2つめは、店頭市場(OTC銘柄)を買うことです。

ベトナムの店頭株というのは、日本の店頭株取引のような仕組み
ではなく、本当に自由取引で、まるでネットオークションのような
感じです。

いろいろなサイトで株を売買したい人同士が募集をかけていて、
それにメールや電話で連絡して、実際にあって交渉、という形です。

最終的には、お金を払い、株主手帳をもらい、その企業に一緒に
訪問して株主名簿を書き換えてもらいます。

ということで、日本人の個人投資家には非常に難しい投資と言えます。

ベトナム株の投資方法最後は、IPO(新規公開株)に参加すること
です。

国営企業が株式会社化(民営化)する際など、一般に資金を募集する
場合にIPOが行われます。

一般的には、証券取引所で入札形式で行われますが、規模が小さい
場合は、証券会社などの金融機関で行われる場合もあったり、
自己募集を行う場合があります。

こちらも日本人投資家には難しい投資です。

となると、やはりベトナムファンドがいいですね♪


ベトナムの基礎情報 株式市場

ベトナムの基礎情報、今度は株式市場についてです。

ベトナムには2つの市場と3種類の投資タイミングがあるんですが、
まずはベトナムの2つの市場についてご紹介します。

ハノイとホーチミンの2つの市場なんですが、位置づけ的には
ホーチミンが一部市場、ハノイが二部市場といったような感じです。

ホーチミン証券取引所の規模は、東京証券取引所のほぼ1000分の1程度です。

ホーチミン取引所の代表指数は、VN指数ですが、構成ウェートの
24%はビナミルクという乳業メーカーが占め、同じく24%を
サコムバンクというベトナム第2位の商業銀行が占めています。

取引方法はザラ場方式ではなく1日3回の値決め方式です。

1日の出来高は市場全体で200〜300万株前後、金額ベースでは
大体6〜9億円前後というところです。

ハノイ証券取引所は、ホーチミン証券取引所のさらに4分の1程度の規模です。

取引は、ホーチミンと同じザラ場方式で、取引量が非常に少ないです。

日本でいえばジャスダックのようなイメージになります。

ザラ場方式でない、っていうのがネックですよね。

ベトナムの基礎情報 経済編

次にベトナムの経済についてです。

BRICs(ブラジル・ロシア・インド・中国)という新興国への
投資が近年では注目を集めてきましたが、それに続いて、ベトナムへの
株式市場は次第に人気が高まってきています。

ベトナム株が注目を受けるようになった理由は、ベトナム経済が
活性化してきているからです。

その最も大きな理由のひとつには中国の人件費の高騰により、
生産拠点がベトナムへと移動してきたことが挙げられます。

中国は発展が著しく、これまでの中国株の高騰は周知の通りですが、
そうした中国の経済成長の過程をベトナムが追随してるという
状況です。

2005年の経済成長率は、高成長のBRICsと比べてみても、
中国に次ぐ高さとなっており、インドと同程度のGDP伸び率と
なってます。

そんなBRICsの中でも成長率の高い、中国やインドと同程度の経済成長率を誇っているベトナムですが、やっと話題になって
きた状態です。

それに、海洋石油・ガスを中心として極めて豊富な天然資源を
保有しており、原油だけではなく、良質な石炭や、金鉱も発見
されています!

BRICsなどの新興国の経済発展により、資源価格が大きく上昇
していることが、さらなる追い風となっているようです。

原油が出る国って、本当羨ましいですね♪

ベトナムの基礎情報

ベトナムファンドを買う前に、まずはベトナムの基礎情報を掴んで
おきましょう。

ベトナムの正式国名は ベトナム社会主義共和国で、首都はハノイ
で、ホーチミンではありあません。

面積は、32万9,241平方km、人口は約8,312万人(2005年末)。

通貨は、ドン(Dong)、2007年2月現在では1ドル≒16,044ドンです。

GDPは、528億米ドル、1人当たりGDPは、636米ドルで、GDP成長率は、
2005年には8.4%とアジアでもトップクラスです。

ベトナムは原油輸出国で、石油が最大の輸出品目となってます。
意外でしょ?!

対外貿易も国営企業の民営化で飛躍してきています。

2007年1月11日に、世界貿易機関(WTO)に正式加盟国しました。

このWTOへの加盟によってさらに発展すると思われ、フェイムー
アイザワトラストを始めとするベトナムファンドが、爆発的に
売れてるわけですね!

また、2006年11月に発表された国際協力銀行の『わが国製造企業の
海外事業展開に関する調査報告』によると、日本企業が今後3年間の
有望な事業の展開先として挙げた国では、ベトナムが第3位と
なっています。

BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)のうちでも、ブラジル
(7位)、ロシア(6位)を抜いてのランクインです。

日本企業も有望視してるベトナム、楽しみですね♪

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。